ベアピクセルの理念

社名に託した想い

ベアピクセル BarePixelは弊社による造語です。
Bareは「裸の、むき出しの」などの意味で、Pixelは画を構成する1点1点の画素のことです。
ゲーム開発を本格的にやりはじめてからずっと面白いものはシンプルなのではないか、面白いものを発見するためには泥臭くあるべきなのではないかと感じてきました。最もマッチする言葉が「Bare」でした。
ゲームやCGは突き詰めるとピクセルから出来ているということから、ゲーム、CGを表現する言葉として「Pixel」を選びました。
その2つを合わせてBarePixelベアピクセルとなりました。


BareとPixelに私自身の独自な意味を持たせ、
Bare : 素朴な、泥臭い、愚直な
Pixel : ゲーム、CG
次の想いを託しました。

シンプルで面白いゲーム、形にとらわれないゲーム、CGを作りたい。
泥臭くて面白いゲーム、素朴で面白いゲームを作りたい。
普遍的な面白さをピクセルを媒体として生み出したい。

既存の物の真似ではなく、既存の物にとらわれず、自分独自のアイディアとテイストで作品を作ったり、問題解決をする。その結果、既存の物では出来なかった事が出来たり、既存ではコストが掛かりすぎていた事を低コストで実現できたりするのではないかと思っています。ベアピクセル、真っ裸のピクセルで勝負していきたいと思っています。

余談ですが、本来であれば(正しい文法としては)BarePixelsと複数形にすべきなのでしょうが、2018年時点で海外の個人の方のtwitterアカウントでBarePixelsというハンドルネームがヒットしてしまっていたので、それと被らないようBarePixelと単数形にしました。

目指すところ

技術的なスキルも大事です。
もっと大事なことは人を楽しませることです。例えば子供と出かけるとき、本気になって楽しませる工夫をする。今傍にいる人を楽しませることが出来なくてどうやって多くの人を楽しませることができるでしょう。
人を楽しませること」
これが全て。
人を楽しませることで真っ先に思いつくのは「お笑い(芸人)」でしょうか。でもお笑い以外でも沢山あると思います。
なにも積極的に楽しませているように見えなくてもいいと思います。例えば不愉快にさせないという行為も間接的に楽しませる行為になるのではないでしょうか。つまり時には黙っている行為も楽しませることになるということです。
楽しませるプロ(お笑いの方)である必要はなく、自分なりの方法で楽しませればいいんだと思います。
ゲームとはまさに楽しませることそのものです。CGも結局は人を楽しませることが目的だと思いますし、またそれらに限らず例えば芸術なども楽しませることが目的なのではないでしょうか。
人を楽しませる前に自分が楽しめなくてはならないとも思っています。
自分が楽しめていないにも関わらず「人を楽しませる」などと広言しても、それは実は人に依存しているだけであり、むしろ迷惑であるかもしれません。

自分も楽しんで、その結果人を楽しませる。

法人として存続するためにはお金も大事。それは後から付いてくると信じています。

不格好でもいいから独自のスタイルで「楽しませる」ことにまい進し続けたいというのが私の想いです。

2019年4月19日 ベアピクセル株式会社 代表取締役 鎌田茂雄